WDAおよびWDA日本グループについて

世界トンボ協会(WDA)および
WDA日本グループについて

      WDA日本代表 生方秀紀

Worldwide Dragonfly Association(世界トンボ協会;WDA)は、世界のトンボ研究者・愛好家が集い、1997年に設立された、民主的な規約のもとで運営される団体です。

その目的は、「世界のすべての地域でトンボとその自然生息地の研究と保全の促進によって公衆への教育と意識の啓発を前進させる」ことです。

これまで、International Journal of Odonatology(国際トンボ学雑誌)の刊行と、International Congress of Odonatology(国際トンボ学会議;ICO)の支援等の事業をを推進してきました。

WDA日本グループは1998年にWDAの日本在住の会員が自発的に立ち上げた組織で、WDAに関する情報を国内の会員間で共有するための活動を行ってきました。

とりわけ、2012年に小田原市で開催された2012国際トンボ学会議では、当時のWDA日本代表が大会実行委員長を務めるなど、そのの準備・運営に重要な役割を果たしました。

WDAおよびWDA日本グループでは、トンボ研究者・愛好家の皆さんの入会を歓迎いたします。

当グループへのお問い合わせは、下記のメールアドレスで受け付けています。

wda.jpn@gmail.com

WDA日本グループの公式ホームページ
http://wda.odonata.jp/

Worldwide Dragonfly Association, Official Home page:
http://worlddragonfly.org/

email of WDA Secretary:
wda.secretary at gmail.com

WDA日本オフィス について

世界トンボ協会日本グループの役員会メンバーです。
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です