ようこそ、WDA日本グループ公式ホームページへ!

「世界トンボ協会」The Worldwide Dragonfly Association (WDA) は、1997年に発足した国際的な団体で、その目的は、「世界のすべての地域でトンボとその自然生息地の研究と保全の促進によって公衆への教育と意識の啓発を前進させる」と規約に明記されています。

「WDA日本グループ」は1998年にWDAの日本在住の会員によって自発的に立ち上げられた組織で、WDA に関する情報を国内の会員間で共有するための活動を行ってきました。2001年7月のWDA総会で東和敬氏がWDA日本初代代表が承認されたことにより、WDA日本グループは国別組織(National Office)の一つとして認定されたことになります。

WDA日本グループのこれまでの活動の中で特筆すべきことは、2012年に小田原市で開催された2012国際トンボ学会議の準備・運営に、WDA日本グループが組織を挙げて取り組んだことが挙げられます。

WDA日本グループ公式ホームページでは、WDAおよびWDA日本の活動の紹介、イベントの予告などを掲載し、トンボ研究者・愛好家の皆様のWDAの活動への理解を拡げていくとともに、WDAへの入会や刊行物講読などについてのご相談にも対応していく予定です。